2007年04月14日

「大信州 つぶにごり 荒濾過」

嵐から一晩明けて、今日は快晴です。
さすがに風が強かった、雨も強かった。

昨日の雨の降り出し前に、桜吹雪でしたが、
今日見てみると、完全に葉桜。

完全に散ってしまいました。


さて、昨日の晩、あり得ないレベルの日本酒を飲みました。

pOVRRTT8.jpg


見てわかります? 米の粒が多いのなんの。
ほとんど、甘酒のレベルです。
上澄みだけを先に飲んだのではありません。
一升瓶全体がこんな感じなんです。

一升瓶から注ぐとき、瓶の口に米粒が詰まって、出てこなくなったくらいです。

しかし、米の香がつーんと香る、パンチの効いた、辛口です。
決してドブロクではなく、決して甘酒でもない。

「大信州 つぶにごり 荒濾過」

このお酒、醸造元の大信州さんと、酒問屋さんが、
 ユーザーの飲食店さんを訪ねて、そこで飲んで話をしているうちに、
「その企画、面白いから、うちでやりましょう!」ということで始まった企画。

日本酒は、最後に濾過するのですが、そのときのフィルターを
わざとメッシュの荒いものを使用して作られたものです。



《本日のお食事処》
七輪旬菜かゞり 18:00-24:30(LO) 第3月曜休
posted by Murachan at 11:59| Comment(0) | 美味しいもの
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。